読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

こんばんは、オオタケシンゴです。

M3が近いのでそれっぽい情報ばかりになってしまいますが、個人的に風邪を引いてダウンしてるので早く健康になりたいです。

 

それはともかく、現状頒布予定のEPですが2012/12/31のC83で頒布したコンピ「Sunday School」のvol.2になります。もう5年も経ってしまいました・・・

内容は前回と若干軌道を変えブラックミュージックに近づけています。

フーリエは相変わらず彼らしいFunkをやってもらって、あとフーリエと僕の共作が半分くらいあります。SpilnerとFatBearは今回お休み。

僕は今回が初めてのトラックメイクになりますが現状公開されているBack in the DayLightがそれになります。

今回はそれについてサクッと書いてみようかなと。

 

この曲を作る前はDJ用にブートとかを作っていたのですがずっと聴いてきた好きなジャンルでオリジナルを作ってみようと考え、自分が未だに一番聴いている00年台のヒップホップのようなトラックをこさえたトコが始まりです。

そこからやっぱラップ欲しいよなと思い、以前名古屋にイベントでお呼ばれした時に知り合ったDakくんとKarthくんにお願いしたら快諾もらいそこに僕がTalkboxを乗せるというカタチで落ち着いた次第です。

テーマこそ決めていたもののあとは二人のフィーリングにお任せしたのですがうまいことまとまったのではないかなぁと思ってます。

サンクラのDescription欄に補足を追加しておきましたが、基本のスタイルも押さえつつレイドバック気味の二人のラップがいい感じです。ヒップホップ以外の共通項として全員サブカルチャーも好きだったのでスラングや悪ぶったコトバは極力使わないようにしてみました。

まだ完成というわけではないのですが、ここから微調整してより気持ちいい形になればと思います。

 

他の曲も追い上げて作業にかかっているのでまた書く機会があればそれも書くかもしれません。

 

 

オオタケシンゴ